ダンスとリズム感

世の中にはいろいろなダンスや踊りがあります。いままでに何かダンスをしたことがあるでしょうか。学校に行っている時に運動会や文化祭などでダンスを踊ったという人は多いと思いますし、夏に盆踊りなどを踊ったという方もいるでしょう。もっと遡れば幼稚園や保育園でお遊戯やダンスをしたという方もいると思います。そういったダンスをしていても、自然と出来る人とまったく出来ない人がいると感じたことは無いでしょうか。

ダイエットアンアン モムチャン ダンスダイエット - マガジンハウス

一体何が違うのでしょうか。器用かどうかというだけの問題ではなさそうでしょうし、他の事はさっぱりできないのに、ダンスだけは抜群にうまいという人もいます。もちろんダンスをするだけの体力が必要なのも一つの要素ですが、それ以外の重要な要素としてリズム感というものがあると思います。何か音楽を聴くと自然と体がリズムを刻んでいると人もいれば、そのリズムがあっていないという人もいますし、カラオケなどでも手拍子がずれてしまう人もいます。ダンスは音楽に合わせて体を動かすというものが多いので、リズム感が無いと、器用に踊るというのは厳しいと感じてしまいます。

効いた!モムチャンSダンスダイエット イタリア美人の秘密

もちろん努力でも多少は何とかなるでしょうが、大きな要素としては子供の頃からどれだけ音楽に慣れ親しんで、踊ったりしたことがあるかというのが、大きな要因ではないかと思います。小さな子供を見ていると特に感じますが、普段から楽しそうに歌を口ずさんでいる子や、体を動かして踊っている子などは、リズム感が自然に育っているように感じます。逆に内気な子などは、あまり表に出さない為か、リズム感をとるのもなかなか伸びないように感じます。後からも多少は育つでしょうが、こわがらずに楽しく表現する事がリズム感を育てて、ダンスが上達するコツなのではないかと感じます。

ダンススクール 仙台